英語育児どうする!?「子どもが単語しか話さない」

こんにちは、MANAMIです。

おうち英語や英語育児に力を入れているご家庭も多い中でこんな悩みをよく聞きます。

「子どもが単語しか話さない」

「文法も教えた方が良いの?」

心配している方も多いはず。

結論から言うと、「子どもは文法から入らなくて大丈夫!」

今回はその理由を紹介したいと思います。

英語学習、子どもは文法から入らなくて良い理由

文法からいきなり入らなくても大丈夫です。

今回はその理由と、その代わりに取り組みたいこと紹介したいと思います。

耳から英語習得

大人になると、まず文法から勉強しますが、子どもは英語を勉強としてではなく、音としてとらえることから始まります。

英会話教室などでも音楽に合わせて歌ったり、フォニックスをしたり。

子どもに英語が身近でない場合、雑音としかなりません。

アニメや読み聞かせ、音楽などで何度も英語に触れることで雑音ではなく、意味のあるものとしてとらえていくようになります。

私たちが日本語を習わなくても自然に話しているのと同じような感じです。

メンタルが違う

大人になってくると「間違えてはいけない」というメンタルブロックが現れます。

子どもには、大人が指摘しない限り、間違えるという概念はありま選よね。

単語しか話さなかったり、変な発音だったりしても、「耳で聞いたものをそのまま発音する」という正しい方法で子どもたちは英語を習得しています。

子どもの発話を増やす方法

先ほどの点を踏まえて、どうやったら子どもの発話が増えるのかを紹介していきます。

仲間を作る

子どもには周りがやっていることに興味をもつ性質があります。

なので英語仲間をどんどん増やしていきましょう。

家でも英語環境を作る

親も英語を頑張りたいのなら、英語の語りかけに挑戦してみましょう。

英語で話しかけることで子どもも英語を使うようになります。

特に親の声は子どもへの影響力は大きいです。

他にもオンライン英会話を利用したりするのもオススメ。

色んな英会話の方法がありますが、子どもが楽しいと思えるかどうかが一番大切。

最後に

私たち大人が英語を話せないのが「間違えるのが怖い」という心理的ハードル。

子どもは普段から歌やアニメ、絵本などで英語に触れているので、大人が「間違える=恥ずかしいこと」と教えなければそんな気持ちも生まれません。

間違えても良いから、英語でコミュニケーションを楽しむ環境を作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です